入れ歯・ブリッジ- Denture・Bridge -

入れ歯・ブリッジ
- Denture・Bridge -

歯を失った場合の治療法には3つの選択肢があります。

歯を失った場合には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つの選択肢があります。
こちらでは、入れ歯、ブリッジについて説明しています。インプラントについては こちら から

歯を失った場合には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つの選択肢があります。
こちらでは、入れ歯、ブリッジについて説明しています。
インプラントについては こちら から

入れ歯のイラスト

入れ歯について

入れ歯

当院では、入れ歯を作ったら終わり、ではありません。
入れ歯を使い続けると、患者さまの体調の変化などで、歯茎が痩せたり痛みが出たりしてしまいます。当院では、せっかく作った入れ歯を、長く快適にお使いいただけるように調整を行い続けております。患者さまのご無理のない程度で定期的にお越しいただき、痛みがないか、使いづらくはないかなどのチェックを行い、安定剤を使用しなくても快適に入れ歯をお使いいただけるよう、サポートしていきます。

歯のイラストアイコン

メリット

入れ歯はインプラントと違い、手術が必要ないので患者さまの負担はかなり少なくなります。
また、保険適用にもなりますので、金額も抑えることができます。取り外しが可能なので、メンテナンスも簡単です。

歯のイラストアイコン

デメリット

入れ歯の噛む力は、本来の30%と言われるほどしか物を噛む力がありません。また、硬いものが食べにくく、食べかすが挟まりやすいことがあります。歯の場所によっては、金具をかけているのが見えてしまうこともあるので、見た目が気になる場合もあります。

治療方針

患者さまのご希望で、保険治療・自費治療どちらでもお選びいただけます。ブリッジとの違いなども含め、最善の治療方法をご提案させていただきます。

入れ歯でけやき歯科が選ばれる理由

当院では、歯を失った後の治療として、インプラントもブリッジも入れ歯も、どれにおいても最善の治療になるよう努めております。
入れ歯においても、患者さまが快適にお使いいただけるよう、技工士と連携をとり患者さまをサポートしております。
全ての患者さまに、食事を楽しんでいただきたいという思いから、ご満足いただけるピッタリの入れ歯をお作りできるよう、日々全力で努めています。

様々なタイプの入れ歯

治療の流れ

カウンセリング

現在お使いお入れ歯がありましたら、今のお悩みや改善すべきところなど、一緒に確認していきます。初めて入れ歯を作る方には、どういう物なのか、模型などを使って説明いたします。

検査・治療計画決定

歯茎の状態や、周囲の歯の状態を確認しながら、お口の中の型取りを行い、早速入れ歯作りを行います。

型取り

型取りを何度か行い、より正確な入れ歯を作っていきます。

試適

仮に出来上がった入れ歯をお試しいただいて、問題がなければ完成になります。
噛み合わせなども細かくチェックし、患者さまに最適な入れ歯にします。

完成

実際に出来上がった入れ歯を試していただき、数日後に痛みなどが出ましたら調整を行います。
お食事の際の問題点などがございましたら、お気軽にお伝えください。

歯のイラストアイコン

治療期間と通院の頻度

入れ歯が出来上がるまでには、およそ5〜6回程度の通院と、1ヶ月半〜2ヶ月程度の期間がかかります。
完成後は、痛みなどがなければ頻繁に通院していただく必要はございませんが、最低でも3ヶ月〜6ヶ月に一度は定期検診にお越しいただき、入れ歯の調整も行います。

治療の料金・保険適用について

健康な歯のイラスト
受付カウンターでのやりとり風景

入れ歯治療においては、保険治療も可能です。その場合は、部分入れ歯で3割負担の方ですと1万円ほどになります(患者さまの負担割合によって金額がかわります)。自費の入れ歯をお作りする場合は、16万円から作ることができます。患者さまのご希望で金具が見えたくないなどございましたら自費の入れ歯をご説明することはございますが、保険の入れ歯でもきちんと作れば快適に使用していただくことは十分に可能です。

歯のイラスト

ブリッジについて

ブリッジ解説イラスト

ブリッジは、歯を失った部分に両隣の歯を削って土台として使用し、橋を架けるように人工の歯を被せるという治療法です。取り外しはなく、違和感もありません。
自分の歯のように噛むことができ、普段の生活では何も気にせず使用することができます。

歯のイラストアイコン

メリット

インプラントとは違い、手術の必要がないので、入れ歯と同様、患者さまの負担が少なくすみます。
また、保険治療もありますので、安価で作ることができます。部分入れ歯と比較すると、安定性が高く異物感が少ないのが特徴です。

歯のイラストアイコン

デメリット

ブリッジを作る際に、支えとなる歯を削る必要があります。また、支えになる歯に負担がかかり、悪影響を及ぼす可能性もあります。取り外しができないため、歯ブラシが届きにくい箇所に汚れが溜まり、不衛生になりやすくなります。

治療方針

支える歯の負担のリスクもふまえ、患者さまにどのような治療が最適かをご提案させていただきます。治療後もきちんとしたメンテナンスが必要なので、治療したら終わりではなく、継続して定期的にお越しいただく必要があります。

ブリッジでけやき歯科が選ばれる理由

当院では、保険治療のブリッジでも、ご自身の歯と比べても分からないほどのクオリティの高い技術で患者さまにご好評いただいております。
保険治療だからといって、決して手は抜きません。より本物に近いクオリティを患者さまに提供しております。また、治療を終えたからといって終わりではなく、その後もきちんと患者さまのケアをしっかり行うことで、支える歯の負担やリスクを軽減することを目指しております。

ブリッジに使用する歯

治療の流れ

カウンセリング

入れ歯・ブリッジ・インプラント全てのお話しをした上で、治療を決めていきます。
疑問やご相談はなんでもお伝えください。

検査・治療計画決定

治療が決まったら早速歯を削り、型取りを行います。おおよそ1週間程度で出来上がってきます。

完成

1週間後以降に再度ご来院いただき、出来上がったブリッジを接着剤でつけていきます。

定期検診

ブリッジの部分には汚れが溜まりやすいので、3ヶ月に一度程度の頻度で検診を行います。
支えになる歯には、負担になっているので、念入りにお掃除していきます。

歯のイラストアイコン

治療期間と通院の頻度

ブリッジの治療は最短で2回程度で終わります。治療期間は2週間程度です。
自費治療でも、ほとんど治療回数は変わりません。自費治療の場合は、全て白い被せ物で作ることが可能で、場合によっては技工士に来てもらい、患者さまの歯の色に近い色を作ることもできます。

治療の料金・保険適用について

健康な歯のイラスト
受付カウンターの風景

保険治療も可能です。患者さまの負担額にもよりますが、部分的な奥歯のブリッジの場合、1万5,000円ほどになります。
自費治療の場合は、全て白い被せ物で作ることができます。材料によりますが、20万円からで作ることが可能です。

よくある質問

Q

歯を失ったら、ブリッジや入れ歯を作った方がいいですか。

A

患者さまのお口の中などを確認する必要があるので、必ずしもとは言えませんが、いずれかの治療をすることをお勧めしております。食べ物が噛めるという状態を保つことが患者さまの健康状態にも影響してきます。
お口の中で違和感を感じることがストレスになる方もいらっしゃいますので、その際はご相談ください。けやき歯科医院は患者さま1人1人に寄り添った治療を心がけています。今できる最善の治療方法を一緒に考えていきましょう。