インプラント

歯科インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め入れて、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことをいいます。失った歯の部分を治療しますので、周囲の歯に負担をかけることがありません。また、これまでにあった歯と同じような役割を果たしますので、噛む力を分散させ、残っている自分の歯を守ることにもなります。

インプラントで変わる生活

これまでは歯を失った場合の治療法としては、入れ歯とブリッジが代表的でした。入れ歯、ブリッジとインプラントとはどう違うのでしょうか。

●シワやたるみの改善!

多くの歯を失うと、噛む力や回数が減ることから、口元にシワやたるみができやすくなります。治療を受けてしっかり噛めるようになると、お口の周りにある様々な筋肉を使うようになるので、シワやたるみの改善を期待することができます。お顔にハリが戻り、若々しい印象を与えることになるでしょう。治療後にお化粧をする機会が増えた方もいらっしゃるようです。

●食べたいものを食べられる!

食事をすると痛みが伴う、または噛み切ることができないことが理由で、噛まなくても食べられる柔らかい食品を選ぶ方がいらっしゃると思います。インプラント治療後には、極端に硬い食べ物以外であれば、食材を選ぶことなく食べられるようになり、バランスのよい食生活が送れるようになります。しっかりと噛めることで食べ物の美味しさがより感じられるようになりますので、食の楽しみが増えたと話される方もいらっしゃいます。

●毎日の生活をより楽しく!

歯が痛い、話しにくい、歯を見せることができないなどの歯の問題を抱えていると、たわいのない会話でさえストレスを感じがちです。インプラント治療は、かつてあった自分の歯に近い機能や見た目を回復することができるため、歯にまつわる悩みから解放されます。笑って会話をしたり、大きな声で歌えたりと、毎日の生活をより楽しめるようになるでしょう。

府中けやき歯科医院では初期相談(カウンセリング)
でお口を拝見し、インプラント治療の概略から可能性についてわかりやくすご説明いたします。納得がいくまでお気軽にご質問ください。

入れ歯やブリッジとの比較

これまでは歯を失った場合の治療法としては、入れ歯とブリッジが代表的でした。入れ歯、ブリッジとインプラントとはどう違うのでしょうか。

●入れ歯

入れ歯は、歯を失った場所に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込み、周囲の歯にバネで固定する方法です。これまで最も一般的に行われてきた対処法ですが、天然歯がなくなっているだけにアゴの骨が痩せやすく、周囲の歯に負担もかけるという欠点があります。周囲に虫歯ができやすい、見た目がきれいじゃない、かみあわせが悪いなどの問題点が多いのが特徴です。

●ブリッジ

ブリッジは、歯を失った場所に義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定する方法です。左右の歯とセットで固定するので安定感があり、天然の歯と遜色ない自然な歯を入れることができますが、一方で健康な左右の歯を削る必要があり、周囲の歯が将来的に損傷する可能性があるというデメリットも。

●インプラント

インプラントは、入れ歯やブリッジとインプラントとが大きく異なるのは、「歯が動かない」という点に尽きます。入れ歯は着脱可能で清潔に保てるというメリットはありますが、そのぶん浮いたような感覚があり、かみあわせに違和感を感じる人も少なくありません。またブリッジは人工の歯を両側の歯に橋をかけて固定している状態のため、歯が抜けたためにアゴの骨が痩せたりすると歯並びが悪くなるというリスクもあります。

その点、インプラントはアゴの骨に埋め込むことでしっかり固定しているため、グラつきや骨が痩せるということがなく、天然歯と同様にしっかりかむことができます。ただし、インプラントには骨に穴を開けるという外科手術が不可欠であること、自由診療のため料金が高いといったデメリットもあります。

インプラントの仕組み

歯は歯茎から出ている部分の下に、歯茎の中に太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。
歯根はいってみれば植物の根っこのようなもの。根っこが丈夫な植物ほど大きく育つように、歯も歯根がどっしりとアゴの骨に定着していることが重要です。

インプラントが画期的なのは、歯肉を切開してアゴの骨に穴を開け、そこに人工的な歯根を埋め込むことで、天然の歯と同じような機能を生み出せる点。インプラントのように、歯の根っこを生み出す治療法は今のところ他にないのが現状です。

インプラントとは、アゴの骨に埋め込んで歯根と同じ働きをする人工歯根と、歯茎の上から見える人工の歯、その2つをジョイントするアバットメントの3パーツからできています。この3パーツをどのように入れるかによって手術回数や治療期間が大きく変わってきます。