矯正歯科

矯正歯科(歯列矯正)とは、矯正認定医による治療が受けられることが可能です。ガタガタの歯並びや出っ歯などを綺麗な歯並びにする治療です。矯正には様々な方法がありますが、一般的に歯に「ブラケット」という装置を取り付け、2~3年かけて少しずつ歯を動かす「ワイヤー矯正」が最もスタンダードな矯正法です。
矯正歯科の治療は大きく分けて、「子どもの矯正」と「大人の矯正」に分かれます。

外科矯正(成人矯正)

顎の大きさや形が原因で歯並びが悪い方は、顎の骨を手術して顎のバランスを改善することが必要な場合があります。このように、外科手術と矯正装置による歯列矯正を組み合わせて治療することを「外科矯正」といいます。
骨格が原因でおこる下顎前突症(受け口)や上顎前突症(出っ歯)や「顎変形症」の方は、一定の条件はありますが、健康保険を適応して治療することができます。

具体的な症例は、
・上顎前突症…上の顎が前に出っ張っている。
・上顎後退症…上の顎が後ろに下がっている。
・下顎前突症…下の顎が前に出っ張っている。
・下顎後退症…下の顎が後ろに下がっている。
・開咬症………前歯でかめない。
顎骨非対称症例 等が例としてあげられます。

府中 けやき歯科医院では初期相談(カウンセリング)
でお口を拝見し、矯正歯科治療の概略から可能性についてわかりやくすご説明いたします。納得がいくまでお気軽にご質問ください。

大人の矯正(成人矯正/2期治療)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。
従来よりも装置が小さくなって歯を効率的に動かしやすくなった表側矯正(右図参照)や、歯の裏側に装置をつける舌側矯正(裏側矯正)、取り外しのできる透明なマウスピース矯正などがあります。
子どもの矯正と違って、顎の骨格を矯正することはできないので、歯並びによっては、抜歯をして歯を並べるスペースをつくる場合もあります。

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。
治療に必要な矯正装置や治療法は、歯並びや年齢などによって異なります。
1期治療は、永久歯が生えそろう6歳~10歳くらいまでに行うことが良いといわれています。お子様の歯並びで気になる点があれば、早めにご相談下さい。