一般歯科

一般歯科は主に保険診療の対象となる治療として、抜歯、入れ歯、義歯など歯に関する治療、虫歯等の治療・予防、歯周病の予防と治療があります。歯や抜歯が伴う治療としては、親知らずの抜歯や虫歯によって治療が不可能になった歯の抜歯、入れ歯等の治療、根幹治療・土台、被せ物の治療などがあります。
また、歯周病の治療には、歯石・歯垢などを取り除くスケーリング、虫歯予防や専用の歯磨き粉や機器で行うブラッシング、歯の歯垢や歯周ポケットに隠れている歯石などを治療するときに歯の汚れや染みついたシミを取り除くクリーニングがあります。このほか、口腔外科、顎関節疾患の治療などがあります。保険対象外の治療としては、インプラント治療や審美目的の治療があります。

虫歯の原因プラークとは!?

プラークとは、一般的に「歯垢(しこう)」とも言われているものです。
食べカスのことだと思っている方も多くいらっしゃいますが、プラークは細菌/バクテリア/代謝物のかたまりですので、食べカスとは全く別の物です。
多くのプラークは唾液によって流されますが、唾液の流れが行き届かない場所にはプラークが残ってしまいますので、毎日の歯磨きで除去をするしかありません。

歯周病も、プラークが原因で引き起こされます。
プラークが歯の周りで炎症を起こし、歯を支えている組織を破壊する疾病です。そのため、「歯の周りの病気」と書いて「歯周病」と呼ばれています。
日々のブラッシングがとても有効な予防法ですが、歯ブラシが行き届かない箇所にはプラークが残ってしまいます。
正しいブラッシングで予防に努めましょう。

痛みはないが放置してはいけない!

虫歯が進行すると、小さな穴から大きな穴へと広がり、歯が欠けてしまいます。見た目は小さな穴に見えても、そのまま歯の深部へ虫歯が進行した場合には歯の中で虫歯が充満し、いずれ歯がごっそりと欠けてしまいます。
歯が欠けて、欠けた部分が鋭利な状態になっていると頬や舌を傷つけてしまったり、食べにくい状態にもなり歯以外にも悪影響が広がります。

虫歯の状態によって通院期間は異なりますがおおよそ下記の内容となります。

1)欠けている箇所が小さい場合、虫歯の部分を削って型取りをして、銀の詰め物で治療完了。

2)欠けている箇所が大きい場合、虫歯の部分を削って歯の神経を残す処置をして、再来院。
状態がよければ型取りをして、次回来院時、銀の詰め物を入れて治療完了。

3)虫歯が神経に達する場合は、神経を取る処置をします。神経の管の消毒に数回通院し、神経の管に薬剤を入れるなど数回の治療が必要です。

※虫歯の状態によってことなります。
※麻酔が必要な場合があります。
※一般的に治療期間の目安:2週間~6ヶ月
※長期間の通院が必要な場合があります。

治療途中で通院を止めてしまうと虫歯の進行や悪化の要因となりますので完治までの通院をおすすめします。

プロフェッショナルなケア

セルフケアでは完全とはいえない虫歯予防を補ってくれるのが、歯科医によるプロフェッショナルケアです。専門的な口腔ケアにより、歯磨きの際の磨き残し等による虫歯の進行を防ぎます。

●シーラント

奥歯の磨き残しによる子供の虫歯を防ぐのがシーラントです。奥歯の溝の部分をプラスチックでコーティングして虫歯を予防するほか、フッ素物により再石灰化を促進します。

●クリーニング

普段の歯磨きでは落としきれない汚れを除去するのが、歯科医によるPMTC(Proffesional Mechanical Tooth Cleaning)です。専用の器具を使ってクリーニングを行うので、歯の表面の着色汚れはもちろん、虫歯菌の棲みかとなるバイオフィルムもスッキリ落としてくれます。

●アウスジェット

霧状のスプレーで薬液を直接、歯周ポケット内に浸透させるのがアウスジェットです。虫歯の原因となる歯垢(プラーク)の除去や口臭を予防する効果があります。

府中 けやき歯科医院では、虫歯予防としてクリーニングを定期的に行うことをオススメしています。